光は複数に分岐することも、複数の光を1つに結合することも可能である。ファイバーレーザーやファイバーを用いた干渉計では、ファイバーの分岐・結合にファイバーカプラ(分岐カプラ、WDMカプラ、)を用いる。光通信ではこれに加えて光導波路も用いる。

光ファイバーも1本から複数の光ファイバーへ光を分岐させることができるが、小型化が困難である。対して石英系プレーナ光波回路(PLC : Planar Lightwave Circuit)などの光導波路を用いた分岐・結合器は小型化・量産性に優れており、光アクセス系のPONシステムなどで実用されている。

参考文献

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目