横方向分解能

OCTの横方向分解能は光学顕微鏡と同様で、集光される光のスポットサイズの回折限界によって制限される。回折限界におけるスポットサイズは、レンズのNAとビームの集光角度に反比例する。横方向分解能は以下のように示される。

横方向分解能

ここで、dは対物レンズ上のビームのスポットサイズであり、fは焦点距離である。

焦点深度(DOF)

横方向分解能を高めるためには、NAの高いレンズを使用する必要がある。同時に横方向分解能は共焦点パラメータbまたは、焦点深度(DOF)と関連する。共焦点パラメータbは、レイリー範囲の2倍に相当する。

共焦点パラメータ

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目