OCTは光ファイバー装置と広範な医用機器を組み合わせることができるという利点を持っている。OCTシステムは画像エンジンと画像取得デバイスに分けて解析することができる。画像エンジンは干渉計の構成要素と光源、ディテクタなどである。初期OCTでは、主に低コヒーレンス干渉計の時間領域測定を採用していた。

タイムドメインOCTシステム構成

図1:タイムドメインOCTシステム構成

図1は時間領域計測用ファイバー型マイケルソン干渉計の構成を示している。高速回折格子分散補償遅延スキャナーの開発によってOCTの画像取得速度は数千ライン/sとビデオレートを実現した。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目