サンプル光学系の各設計パラメータ

図1:サンプル光学系の各設計パラメータ

一般的なOCTのサンプル光学系と横方向/光軸方向の視野範囲を図1に示す.図1に示す各パラメータは、サンプル光学系に入射する光の空間電界分布がガウシアン形状で近似できる場合のサンプル焦点付近の光電界分布から求めている。このガウシアン分布近似は、横方向や光軸方向分解能/視野範囲を議論するうえでは妥当な近似である。特に、スポットサイズが光学系のNAに比例する一方で、光軸方向の視野範囲がNAの2乗に比例するという関係を導く。

反射モードの共焦点顕微鏡として光学系を評価

しかし、OCTのサンプル光学系をより正確に扱うには反射モードの共焦点顕微鏡として光学系を評価する方が適切である。光ファイバーのコア系をピンホールとして照射系とサンプルからの集光系を設定した光学系である。

共焦点顕微鏡は、従来の光学顕微鏡に比べてわずかに横方向分解能を改善し、光軸方向の信号の最大値を検出することで光学的な信号制限が可能であり、よりサンプル照射領域の信号対雑音比を改善した検出が可能である。