光断層計測法(OCT)は迅速かつ精確な眼底異常の診断装置として広く普及している。OCTでは3次元画像を取得することで、患部をさまざまな面から観ることができる。近年では内視鏡と組み合わせた装置が開発され、冠動脈の診断がなされている。

OCTは現在も進化を続けているが、OCTが今後、今以上にさまざまな診療に用いられるために求められている項目は下記である。

  • 高精細化
  • 観察深度の増大
  • 観察範囲の広域化(超広角OCT)
  • 高速化
  • 小型化
  • 高機能化(ソフトウェアを含む)

高機能化はドップラーOCT、分光OCT、補償光学OCT、偏光OCTなどがある。

光響はOCTに関する様々な情報を保有しております。研究へのOCTの導入をご検討の方は下記までお気軽にお問い合わせください。物品購入から共同研究先の紹介まで、内容はどのようなことでも結構です。

光響へのお問合せ