レーザースペックル血流計の応用例として、下記のものが挙げられる。

血流測定 皮膚、臓器、脳、眼底、舌、大腿骨頭、口蓋、鼓膜、虹彩、胃粘膜、血管吻合
血流評価 薬理作用、血管拡張・収縮、鍼灸時、化粧品、マッサージ

 

以下に、レーザースペックル血流計を紹介する。

PeriCam PSI

メーカー: Perimed社
製品の詳細情報

特長

・次元領域の皮膚表面血流を非接触、リアルタイムで画像化および数値化
・急速な血流変化を広範囲で測定が可能
・標準モデル(ヒト等)、高解像度モデル(マウス等)の2モデル

応用

・皮膚血流測定
・薬理作用の評価
・血管拡張、収縮評価
・臓器血流測定
・鍼灸時の血流評価
・化粧品の血流評価
・脳血流測定
・マッサージの血流評価
・皮膚表面血流の評価

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目