OCTは近年注目を集めている医療・医薬用光画像診断手法である。計測対象の内部からの後方散乱光/反射光を数μmの分解能で断層計測することができ、低侵襲・非接触・リアルタイムな断層画像を取得することができる(この分解能は超音波診断装置に対して10~100倍の高分解能な特性である)。現在、眼科・皮膚科・細胞病理学などさまざまな応用がなされている。

画像情報

OCTでは、対象内部からの後方散乱光の強度と光の時間遅延を計測することで断層画像を再構築する。一般的に1ラインの断層信号取得をA-lineスキャンまたは、軸方向スキャンと呼び、サンプルに入射する光線をサンプル表面に対して平行に1次元掃引することで2次元断層像、2次元に掃引することで3次元立体像を取得することができる。画像構築する際の信号をグレースケールや擬似カラーで表現することで、病理学などで使用する画像情報へ変換して使用している。

特徴と応用

OCTはその低侵襲性/リアルタイム計測/サンプル加工不要などの特性を生かして光生検として使用され、以下のさまざまな特徴のもと応用され始めている。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目