光学顕微鏡による生体組織観察では、一般的に無色透明である生体試料をより良く見えるようにするために、様々な観察手法が用いられている。ここでは一般的に用いられている観察手法として、「明視野観察法」「暗視野観察法」「位相差観察法」「微分干渉観察法」「偏光観察法」を取り上げ、各観察法の原理と特長を説明する。

明視野観察

最も一般的な手法として知られている。標本を透過または反射した光を観察するため、明るい視野が得られる。生体試料は一般的に無色透明なものが多く、コントラストが弱くなる。このような試料では、染色を行ってから観察する。

暗視野観察

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目