レーザー顕微鏡の歴史は下記のようになっている。

  • 1957 共焦点レーザー顕微鏡(M.Minsky):論文は無く、特許のみ取得)
  • 1974 第2高調波発生顕微鏡(R.Hellwarth):最初の非線形顕微鏡
  • 1982 コヒーレント反ストークスラマン散乱顕微鏡(M.D.Duncan)
  • 1990 2光子励起蛍光顕微鏡(W.Denk):バイオでよく用いられている
  • 1997 第3高調波発生顕微鏡(Y.Barad)
  • 2006 誘導パラメトリック発光顕微鏡(K.Isobe):現在まだ実用例は示せていない。
  • 2008 誘導ラマン散乱顕微鏡(C.W.Freudiger):ラマン散乱を高感度に撮ることができる。

共焦点光学顕微鏡と非線形光学顕微鏡

レーザー顕微鏡の種類と、それぞれの顕微鏡が観察している対象を示す。

共焦点レーザー顕微鏡

  • 1光子励起蛍光(蛍光分子)
  • ラマン散乱(ラマン活性分子)

非線形光学顕微鏡

  • 2光子励起蛍光顕微鏡(2光子)(蛍光分子)
  • 第2高調波発光(SHG:second harmonic generation)(非対称分子、分子配向)
  • 第3高調波発光(屈折率が異なる境界)
  • 和周波顕微鏡(SFG:sum frequency generation)(非対称分子)
  • コヒーレント反ストークスラマン散乱顕微鏡
    (CARS:Coherent anti-Stokes Raman scattering)(ラマン活性分子)
  • 誘導ラマン散乱顕微鏡(SRS:Stimulated Raman scattering)(ラマン活性分子)
  • 誘導パラメトリック発光顕微鏡(蛍光分子)