FLIMの最大の特徴は時間を基準として定量化できることである。蛍光の光強度のみの情報で定量化を行う場合、蛍光色素の濃度・退色、励起光の波長・光強度、集光効率、検出器の感度など様々な要因の影響を受けてこれらを補正する必要がある。しかし、FLIMは光強度を必要とせず、時間を基準としているためにそれらの補正を必要としない。このため、退色などの影響を受けずに観測できる。

また、FLIMでは蛍光共鳴エネルギー移動 ( FRET ) による蛍光寿命変化を観測することができるため、分子間の相互作用を観測することができる。FRETでは励起用の蛍光分子 (ドナー) と蛍光発光用の蛍光分子 (アクセプター) が近づくと、ドナー分子のエネルギーがアクセプターに移動するためドナーの蛍光寿命が短くなる。したがって、蛍光寿命を観測することでドナー分子とアクセプター分子の相互作用を見ることができる。

FLIMシステムはすでに市販されているので、ここでいくつかサイトを紹介する。

  1. 東京インスツルメンツ
  2. インデコ
  3. 堀場製作所
  4. デルフトハイテック株式会社