STED顕微鏡ではドーナツビームが必要となる。ドーナツビームはレーザーの内側と外側で位相がπ(パイ)ずれるビームを作ることで作成できる。内側と外側で位相がπ(パイ)ずれるビームをレンズで絞ると、ビームの中央で打ち消しあって強度は完全な0になる。このときの条件は、内側と外側のビームの面積比で決まる。図1にドーナツビームの作り方の概念図と、ドーナツビームの条件( 外側と内側のビームの半径の比率 )を示す。

ドーナツビームの概念図と条件

図1:ドーナツビームの概念図と条件

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目