蛍光バイオイメージングシステムにおいて、単一の蛍光プローブを用いた実験よりも、2つの蛍光プローブを用いた実験の方がより複雑な相互作用を観測することができます。

2つの蛍光プローブを用いて、オブジェクトを異なる染色で標識することにより、染色されたオブジェクトがオーバーラップ(Colocalize=共局在化)している領域が現れます。コローカリゼーションとは、この小ローカライズ領域している領域の解析を指します。