蛍光バイオイメージングシステムにおいて、単一の蛍光プローブを用いた実験よりも、2つの蛍光プローブを用いた実験の方がより複雑な相互作用を観測することができます。

2つの蛍光プローブを用いて、オブジェクトを異なる染色で標識することにより、染色されたオブジェクトがオーバーラップ(Colocalize=共局在化)している領域が現れます。コローカリゼーションとは、この小ローカライズ領域している領域の解析を指します。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目