VivaScope®1500

皮膚や口腔粘膜など観察部位に対物レンズをあてるだけで、組織を切り取ったり、染色することなく、リアルタイムに細胞レベルで画像化する生体顕微鏡です。皮膚ではin vivoで「角層」「表皮」「真皮乳頭」「毛細血管内での血球等が循環」「乳頭下層叢」「真皮上層にあるコラーゲンのバンドル」など、最大200~300μmの深さまで観察できます。

ccm1
図 VivaScope®1500の外観

特徴

  • 組織を切り取ったり、染色することなく、リアルタイムで細胞レベルを観察
  • in vivoで角層、表皮、真皮乳頭、毛細血管内の血球等の循環状態、乳頭下層叢、真皮上層にあるコラーゲンのバンドルなどを、最大200~300μmの深さまで、高解像度で観察可能。
  • 口腔内では、粘膜と粘膜下層が画像化。
  • マクロカメラ「VivaCam」を標準搭載し、観察部位の確認が容易。
  • 「VivaScanソフトウェア」の、「ナビゲーション機能」と「ズームイン機能」により、操作性が向上。

仕様

  • レーザー: 830nm
  • 最大出力: 16mW
  • 視  野: 500μm × 500μm
  • 分 解 能: 水平方向 1.25μm 垂直方向 5μm
  • 画像深度: 約200-400μm(組織により異なる。)
  • VivaBlock機能: XY方向に自動的にスキャンし広い視野を構築
  • 視野:

    無料ユーザー登録

    続きを読むにはユーザー登録が必要です。
    登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
    SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
    *メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

    既存ユーザのログイン
       
    新規ユーザー登録
    *必須項目