二光子励起蛍光顕微鏡は主に以下の用途で用いられる。

  • メラノーマ検出
  • 蛍光タンパクの検出
  • 皮膚疾患の観察
  • 肌年齢観察
  • 治療薬物モニタリング

また、用いられる研究分野は以下の通りである。

  • 組織工学
  • 外傷治療研究
  • 幹細胞研究
  • 化粧品研究
  • 薬剤研究
  • 動物研究

 

以下に、二光子励起蛍光顕微鏡を紹介する。

MPTflex™

メーカー:JenLab GmbH
製品の詳細情報

近赤外フェムト秒レーザー技術を利用した二光子励起蛍光顕微鏡で、ポルフィリン、エラスチン、メラニンを励起し、細胞レベルでの生体組織検査を行う。

特徴

  • 非侵襲
  • サブミクロンの空間分解能
  • 画像取得時間が1フレームあたり20秒以下
  • 画像取得時間が1フレームあたり20秒以下

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目