溶接継手には形状から見た分類がある。このうち、最も一般的なのは、2枚の板の側断面同士を突き当てて接合する接合法を突合わせ接合である。また厚み方向に2枚以上の板を上下に重ね合わせて接合する方法を重ね接合という。その他にもへり継手(エッジ継手)、T型貫通継手、T型すみ肉継手、重ね継手、重ねすみ肉継手、L字継手、L字すみ肉継手がある。これらの溶接継手の形状を図1に示す。

レーザー溶接の代表的な継手形状

図1:レーザー溶接の代表的な継手形状

ここに挙げた溶接継手の他にはラップ継手、スポット継手、フランジ継手、T-継手、栓継手、スパイク溶接(スポット溶接)、コーナー溶接、キッシング溶接がある。

Reference and Links

  • 絵ときレーザー加工基礎の基礎、新井武二
  • レーザーが変える加工技術、安永暢男
  • 溶接学会編、溶接・接合技術
  • レーザー加工機
  • 無料ユーザー登録

    続きを読むにはユーザー登録が必要です。
    登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
    SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
    *メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

    既存ユーザのログイン
       
    新規ユーザー登録
    *必須項目