レーザー溶接の事例は数多くあるが、一般には突合わせ溶接、重ね溶接の事例が多いようである。ここでは自動車のボディのレーザー溶接の模様を撮影した動画をメインに、レーザー溶接の実例を紹介する。

自動車産業での応用

自動車のボディの溶接にも高出力レーザーが採用されている。それがテーラードブランク技術である。テーラードブランク技術とは、異なる板厚や材質の部材をプレス前にレーザー溶接して、接合したブランク材をそのまま成形することで一括製造する技術である。約20年前では高出力でビーム品質の良好なCO2レーザーが採用されていたが、今日では高出力YAGレーザーやファイバーレーザーが用いられている。

プラスチック、円筒形状金属の溶接

レーザー溶接ではプラスチックなども溶接することができる。

参照

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目