レーザーフォーミング(Laser Forming)は金属の板にレーザー光を当て、局所的に金属を急速に加熱、冷却することで熱膨張のバランスを崩し熱変形を起すことを利用した板の曲げ加工方法である。レーザーフォーミング法は金型を必要としないことから多品種少量生産に適しており、大型の装置も必要としない。また、加工の反力が加わらない新しい方法として宇宙などでの利用が期待され、折れやすいマグネシウム合金も簡単に曲げることができる。

レーザーフォーミングの原理

レーザーフォーミングの原理を図1を用いて説明する。

レーザーフォーミングの原理

図1:レーザーフォーミングの原理

(a)金属材料などで表面が溶けない程度にレーザーを照射し、走行させることで熱源の中心を加熱する。(b)このとき、照射面側は発熱によって膨張するが、照射面と反対側はまだ温度が十分に上がらないため、金属材料は上に凸に曲がる。(c)しかし、熱源が通過した直後からは材料は自然に冷却することによって加熱部分が冷却され収縮する。このため、材料は初めと反対の方向に曲がって変形する。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目