材料表面にレーザーを照射し、材料に付加価値をつける方法をレーザー表面処理という。表面改質の方法には、加熱プロセス(表面焼入れ、アニーリング)、溶融プロセス(合金化、肉盛、グレージング)、蒸発プロセス(衝撃効果、乾燥処理)がある。

レーザー表面処理に用いるレーザーは、CO2レーザーや、Nd:YAGレーザー、半導体レーザー、ファイバーレーザーである。

Reference and Links

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目