レーザー加工に用いられるレーザーは、年々高出力化が進んでいる。現在でこそ、炭酸ガスレーザーやファイバーレーザーがシングルモードで数kWの出力を達成しているが、1980年以前は数100Wの炭酸ガスレーザーが主流であった。レーザー溶接においてはYAGレーザーが用いられているが、YAGレーザーはTIGやMIGなどのアーク熱源とレーザーを合わせた加工(ハイブリッド加工)も行われている。

レーザー加工技術の進歩は、レーザー出力の増加とレーザーの短波長化・短パルス化とともに進化している。最も高出力なレーザーは炭酸ガスレーザーやファイバーレーザーであり、数10kWの出力のものが市販されている。

レーザーによる微細加工

ここ十数年で、レーザーの安定化と高出力化が達成されたため、短波長・短パルスレーザーによるミクロンオーダーのスケールを下回る微細加工が可能になった。

短波長レーザーによる加工

1990年代に高出力化が進んだエキシマレーザーや、高調波発生技術と高繰返し技術の産物による短波長固体レーザーにより、レーザーによるプリント基板の穴あけ加工や微細穴加工が可能になった。
短波長の固体レーザーとして、当初はランプ励起のNd:YAGレーザーが用いられていた。しかし、ランプに繰返しの制限があり、また出力もLDと比べて低いことから、今では多くがLD励起のレーザーに置き換わっている。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目