レーザー溶接の特長

異種材料間の溶接が可能

レーザー加工ではレーザーのエネルギー密度やパワー密度を非常に高くすることができる。これにより、融点の異なる場合でも時間差がなく溶融できるので、異種材料間の溶接が可能となる。

高速加工が可能で、残留熱影響層や溶接歪が少ない

レーザービームは瞬時に溶接を引き起こすため高速に加工することができる。高速で加工できるので熱影響層や溶接歪の少ない加工が実現できる。

溶込み比(溶融深さ/溶融ビート幅)が高い

レーザーはきつく絞れパワーの集中性が極めて高いため、溶融ビート幅を狭くすることが可能である。また、ビートの形状がキレイにそろう。

加工反力を伴わない

レーザーは非接触加工のために加工反力をほとんど伴わない。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目