ここではレーザー加工の特長を以下の7つに分けそれぞれを簡単に説明する。その後、レーザー加工の短所を簡単に示す。

  1. 微細加工特性
  2. 精密加工特性
  3. 高パワー密度、高エネルギー密度
  4. 深溶込み特性
  5. 高速・高効率加工
  6. 化学反応の利用が可能
  7. 高フレキシビリティー

※この他にも、型の製作が不要なので、多品種少量生産に向いていることや、市販の画像処理アプリケーションで製作したデータをそのままレーザー加工に用いることが可能であるなどの特徴もある。

レーザー加工7つの特長

微細加工特性

レーザーは指向性と集光性が良いため、微細加工幅あるいは微細加工面積での加工が可能。レーザーの照射部位の面積(加工精度)は集光スポット径、レーザーの波長、レンズの開口数、ビーム品質で決まが、最近は紫外域の短波長レーザーや短パルスレーザーを用いて更なる加工精度の改善がされている。

精密加工特性

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目