レーザー肉盛(レーザークラッディング)は、溶融プロセスを用いたレーザーによる表面改質の一種である。レーザー肉盛は、金属材料の基板の表面に、異なる金属(耐熱性や耐蝕性などの特性を持つ金属)を供給・付着させて、複合材料を造る(基板に付加価値をつける)技術のことをいう。供給される金属は、粉末状かワイヤー状であり、レーザーによって溶かされながら基板と金属結合される(基板に異なる金属が乗っているわけではない)。基板と同種の金属を肉盛することで、表面が損傷した金属部品の修復(形状復元)も可能。

レーザー肉盛は表面合金化と異なり、基板に浸透する割合が少なく、基板に約1mm以上の厚さの肉盛部(クラッド層)を形成する。

レーザー肉盛とアルゴン溶接の違いは、「テクノコート株式会社,レーザー肉盛とアルゴン溶接(TIG)の比較」をご覧下さい。

下の2つの動画はレーザー肉盛の様子を紹介している。

ワイヤー状の金属を用いたレーザー肉盛をスローカメラで撮影したもの。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目