植物工場は養液栽培を利用し、人工的に制御された環境で植物を生産する工場である。植物工場では光(自然光または人口光)、温度、湿度、二酸化炭素分圧の制御が行われ、年間を通しての計画生産が可能である。
植物工場は、安全な食料を安定に供給することができる。農業において水資源の有効活用が望まれる中国や中東、東南アジア等で、食料生産設備として期待されている。植物工場には、完全制御型と太陽光利用型の2つがある。

完全制御型植物工場

ビルなどの閉鎖した建物内で、人工的な光源だけを用いる工場。空調設備、溶液培養を用いて、環境を完全に制御して植物を生産する。

太陽光利用型植物工場

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目