近年、中東や中国などで葉物野菜(レタスなど)の需要が伸びており、葉物野菜の生産場として植物工場の引き合いもある。現在のほとんどの植物工場では葉物野菜を作っているが、LDは、その特性ゆえ水耕栽培(イネなど)にも適用できるため、葉物野菜の植物工場よりも市場は格段に大きくなる。

韓国、台湾、中国など、LEDに強い国は、LEDのアプリケーションの一つとして、植物工場の普及を進めている。LEDは既に確立された技術であり、いまから韓国と台湾と競争するのは得策ではない。よって、日本はLDを植物工場の光源として推奨し、LDの技術開発を積極的に行っていくことが重要だと考えられる。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目