メリット

半導体レーザーは、小型で高輝度(高効率)な光源で、LEDとは違い、指向性がある光源である。半導体レーザーは、電気-光変換効率が高いため、発熱量が少ないために、植物工場の空調電気代を節約することもできる。また、他の光源とは比べ物にならない短さのパルス駆動が可能なため(〜ピコ秒オーダー)、パルス駆動時の育成効率はさらに高くなる。
また、半導体レーザーは小型で高出力あるため、必ずしも植物の近くで使用する必要はない。太陽光利用型の光源として天井へ設置したときには、太陽光を沢山取り入れることができる。

デメリット

半導体レーザーの廃熱は低温であるため、冬場に廃熱を有効利用できない。また、LEDと比べてもコストが非常に高いというデメリットがある。また、レーザー光が人の目に入らないように工夫する必要がある。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目