これまでの研究成果

  • レーザーは植物の生理反応をピンポイントで制御でき、太陽光で 90 日かかるところを50 日に短縮したという研究成果がある
  • パルスレーザーの研究で、20%の照射時間でクロロフィルを 100%励起したという研究成果がある
  • レーザーの電気-光変換効率は50%であり、高効率だが、廃熱温度が低いため、廃熱利用が難しい
  • レーザーには指向性があるので、光合成に関与する部分のみ光を照射可能。走査系と組み合わせることで、広い範囲にビームを照射できる

レーザーが必要な植物、理由

現在、植物工場では、サラダ菜などの葉菜類がつくられている。これらの野菜の育成は、それほど大きな光強度を必要としないので、光源としてメタルハライドランプやLEDが用いられている。LDは、高い光強度が求められるトマト、イネの育成に適している。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目