光合成にはクロロフィル(葉緑素)という色素が関わっている。クロロフィルの吸収スペクトル は赤色(660nm 近辺)と青色(450nm 近辺)に二つの光吸収ピークがある。
植物の健全な生育にはこの赤色光と青色光がバランス良く配合されていることが大切である。詳細は[1]を参照。

光合成を始めとする光化学反応は基本的には電子の働きによる。この電子を励起するのは光量子であるから、光合成に対する光の効果を正しく評価するには、光量子のエネルギー単位で光強度を表さないといけない。詳細は[1]を参照。

References and Links

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目