米国ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)の発電炉用レーザー

米国ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)

レーザー核融合研究の物理的な実証実験は最終段階になっており、研究開発の方針は、エネルギー発電実証用のレーザー核融合発電炉へ向けての段階に来ている。発電炉用に必要なレーザー性能は、波長:0.35 μm(基本波の3倍高調波)、出力:MJ程度、繰返し率:10 Hz程度、効率10%以上である。

Mercury

半導体レーザー励起固体レーザー(DPSSL: Diode Pumped Solid State Laser)技術を基に設計され、最高出力を得ている。

システム 多重パルス増幅
結晶 Yb:S-FAP
パルスエネルギー 基本波(波長1047 nm) 65 J/Pulse
2倍高調波 32 J/pulse
繰り返し周波数 10 Hz

繰返し率10 Hz、レーザー出力エネルギー50 Jで30万ショットの安定駆動を実現している。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目