カメラのピントを自動的に合わせる仕組みをオートフォーカスという(これに対して、手動でピントを合わせることをマニュアルフォーカスという)。オートフォーカスでは、i) センサーで被写体までの距離を検出し、ii) その値を元にレンズの移動量を決定し、iii) レンズを駆動する、という動作を繰り返して最適なフォーカス状態に調整する。ピント調節の方式にはいくつかの手法があり、ここでは、「赤外線利用方式」「位相差検出方式」「コントラスト検出方式」の3つについて説明する。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目