液晶ディスプレイの仕組み

液晶とは

液体と結晶の中間状態を取る分子状態を指し,英語のLiquid crystalから名付けられた.液晶の分子構造は,「結晶」状態から温度を上げると,「スメティック結晶」,「ネマティック結晶」と呼ばれる状態を経て「液体」となる(図1).結晶状態では,分子は一方向を向いて整列しており,マクロには固体状態にある.スメティック液晶は,分子は一方向を向いているものの,平面内,すなわち層ごとには移動が可能な状態を指す.ネマティック結晶では,分子の配向はおおよそ揃っているが,ばらばらに位置し,流動性を持つ.そして,液体となると,分子の向き,位置がばらばらとなる.

液晶ディスプレイの仕組み_グラフィックス1

 

1.液晶の結晶状態.

画像表示の仕組み

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目