昨今、カメラと言えばデジタルカメラを指すのが一般的となってきた。従来のフィルムに被写体を写して記録するカメラと異なり、デジタルカメラでは光を電気に変換して画像を取得する。現在では、写真撮影用のカメラから、ビデオカメラ、携帯電話、赤外線カメラ、高速度カメラなど、様々な応用がなされている。光は、CCDやCMOSといった固体撮像素子によって電気信号に変換される。その後、電気信号はCPUによって信号処理をされ、メモリ上にデータとして保存される。ここでは、デジタルカメラの種類、撮像素子のサイズ、レンズについて紹介する。また、デジタルカメラの画質を決める要素について簡単に説明する。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目