偏波保持ファイバーの融着接続は、非偏波保持ファイバーと同様の調心に加えて、偏光軸を合わせるためにファイバーを回転させて角度を合わせる必要が ある。融着損失はファイバー同士の MFD とコア偏心に依存するので、PANDA ファイバーは非偏波保持ファイバーと同レベルの損失での融着が可能である。しかし、偏光軸の角度が少しでも合っていないと偏波クロストークが増大してしまう。現在では、偏波保持ファイバーに対応した光ファイバー融着接続機が市販されているので、適切な機器を選択することで、偏波クロストークが増大しない良好な接続が可能である。
光響へのお問合せ

Reference and Links

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
ログインパスワードをメールにてお送りします。 間違ったメールアドレスで登録された場合は、改めてご登録していただくかお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目