ファイバーレーザーの作製にはファイバーの融着が必要です。ここではまず、光ファイバーの融着に必要な道具をご紹介し、次に融着接続機(融着接続機光ファイバーをお互いにつなぐために使用する装置)を用いて、ファイバーを融着している様子をご紹介いたします。

目次

光ファイバーの融着接続機とアクセサリ
異種ファイバー融着接続
ファイバーの融着接続動画
各製品のメーカへのリンク


光ファイバー融着機の比較表を作成いたしました。
こちらからご覧ください。


 

光ファイバーの融着接続機とアクセサリ

光ファイバーの融着接続には融着接続機だけでなく、光ファイバーホルダなど様々なものが必要となります。融着接続に必要な物品を以下にまとめました。

光ファイバーの融着接続に必要な機器
項目 使用方法概要
補強スリーブ 融着後の脆い接続点を保護する為のスリーブです。光ファイバーをホルダで固定する前に、光ファイバーを通しておきましょう。
光ファイバーホルダ 光ファイバーを固定する道具です。光ファイバーカッタ、および融着接続機へ光ファイバーをセットするために使います。
ジャケットストリッパ 光ファイバーの被覆を除去する道具です。単心250µm光ファイバー、多心光ファイバー用など、光ファイバーの種類によって使い分けます。熱で被覆を剥くタイプのものもあります。
アルコールとキムワイプ ジャケットストリッパで被覆を除去した後、アルコールを浸したキムワイプで光ファイバーについているゴミを取り除きます。
ファイバークリーバ 融着機に接続する前に、光ファイバーを切断するために使います。光ファイバーの切屑は危ないので適切に処理しましょう。
融着機(補強加熱器付) 接続する光ファイバーのパラメータ、調心方法、放電時間を設定し、融着を実行します。融着した後は光ファイバーを光ファイバーホルダから開放し、融着点に補強スリーブを滑らし補強加熱器にセット、加熱してスリーブを溶かして補強します。
光ファイバーリコータおよびプルーフテスタ 光ファイバーリコータは、融着部分をアクリル樹脂でコーティングする装置です。プルーフテスタは、リコートしたファイバーの引張力テストを行います。光ファイアリコータとプルーフテスタの両機能をもつ装置が販売されています。

大口径光ファイバーや偏波保持ファイバーの融着をされる際は、光ファイバー融着機がそれらのファイバーに対応できるかメーカーに確認しましょう。また、光ファイバーカッターの切れ味が悪くなったときは刃を取替え、融着がうまくいかない場合(損失が起きる場合)は放電電極棒を取り替え、アーク放電を安定させましょう。

 

異種ファイバー融着接続

今回用いた光ファイバー融着接続機はフジクラのFSM-45PMです。動画において、左はコア径6μmのシングルモードファイバー 、右はコア径が6.5μmのエルビウム添加ファイバーです。FSM-45PMは画像処理またはパワーモニターによりファイバーの調心(軸合わせ)を行いますが、今回はパワーモニター調心によって融着接続しました。左右のファイバーを接触させ、約2秒間アーク放電することで接続部を溶融させて接続しているのが分かります。

 

ファイバーの融着接続動画

YouTube上にある光ファイバーの融着接合の解説動画を集めました。
何種類か動画がありますが、融着の手順は同じです。

ファイバークリーバーを用いたファイバーの被覆除去から、融着部分の補強まで解説。
Corning Cable Systems OptiSplice One Handheld Fusion Splicer.

初めてのファイバー融着接合
FujikuraのFSM60-Sのモニタを使った解説(英語字幕あり)

 


::Optishopの光ファイバー融着接続機

光ファイバー融着接続機」のメーカー

ファイバークリーバ」のメーカー

ファイバーリコータ」のメーカー

光響へのお問合せ

 

 

 Reference and Links