LDはファイバー付きモジュールとして、コア径105μmのファイバーに光出力を結合し、ファイバー型増幅媒質の励起源として利用される。
LDはレーザーの高出力化における最重要要素であり、高出力の他に高効率、高信頼性、高品位が求められる。

励起LDの高出力化

世界的に競争力のある励起LDのメーカー3社を紹介する。

  • JDS Uniphase Corporation
  • Oclaro, inc.
  • OPTOENERGY Inc.

ここで紹介したLD メーカーは、LDの高出力化に伴うレーザー出射端に生じる回復不能なダメージ(COD:Catastrophic Optical Damage)対策のための技術を有している。このCODの基本的な考え方として以下の2つが挙げられる。

  • レーザーチップの光出射端面の保護
  • モードフィールド径(MFD)の拡大による輝度の低下

コア径が105μm の市販品のシングルエミッタLDにおいて、ファイバーから得られる最高出力は25~30W程度である。

光響へのお問合せ

励起LDの多重化

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目