WDMカプラは、波長多重システムにおける合波器(multiplexer)や分波器(demultiplexer)として、または光ファイバー増幅器やファイバーレーザーにおいて、励起光を効率よく結合するための素子として用いられる。特に、複数の波長の光をそれぞれの特定ポートから入射して同一ポートから出力させたり(合波)、複数の波長の光を同一ポートから入射して,それぞれの特定ポートに波長を分けて出力させる(分波) ときに用いられる。

図1 に1310/1550nmWDMカプラの波長特性を示す。ポート3では、1550nmの波長の光を100%近く透過している。一方、1310nmの波長ではほとんど光を透過していない。ポート番号は図2を参照。

WDMカプラの波長特性

図1:WDMカプラの波長特性

光ファイバーカプラの模式図

図2:光ファイバーカプラの模式図

光ファイバー増幅に使用される1480/1550nm WDMカプラの場合、波長間隔が70nmと狭いため、光結合のピークの繰返し数は、1310/1550nmのカプラより多くなる。WDMカプラのスペック例を表1に示す。

表1:WDMカプラの特性
項目 1310/1550 1480/1550
使用波長幅 (nm) ±15 ±5
反射減衰量 (dB) ≧50 ≧50
挿入損失 (dB) ≦0.5 ≦0.5
偏波依存性 (dB) ≦0.15 ≦0.15
クロストーク (dB) ≧15 ≧13

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目