ペルチェ素子は n 型半導体と p 型半導体を 2 種類の金属ではさんだ構造をしている。ペルチェ効果によって熱を移動させることで対象物を冷却するため、高精度の温度制御や局所冷却に適している。LD は温度により発振波長が変化する (~0.1nm/°C) ため、LD 近くのサーミスタにより温度を検出し、ペルチェ素子により 1/100 °C以下の精度で温度を制御する。

Er 添加ファイバー増幅器 (EDFA) やラマン増幅器等の光増幅器に使用される励起用 LD モジュールでは、ピッグテールファイバーにファイバーブラッググレーティング (FBG) が配置される。これにより、LD の駆動電流や環境温度が変化した場合であっても、発振波長は FBG の中心波長において固定されるので、発振スペクトルは狭窄化 (95% の出力値で数 nm~0.1nm)・安定化 (~0.01nm/ °C@FBG の温度) される。

好ましい特性

ファイバーレーザー用の励起光源としては、低消費電力 (高効率) であることや高出力 (400mW 以上) であることが求められる。また、偏波保持 (PM) ファイバーレーザーでは同じく PM ファイバー (主に PANDA) が必要となる。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目