ファイバーの光軸に沿った伝搬式、Pp(z) を解析的に解くためにこちらで示した式と次式を利用する。

5.1.10
式1

ここで、ηq は励起量子効率で Yb3+ の場合は ηq ~1 とする。2つの式から次式が得られる。

式2

ここで Pp(0) は入射端での励起光パワー、Ppsat は励起飽和パワーであり次式で示される。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目