SI 型光ファイバーはコアの屈折率分布が一定であり、コアとクラッドの境界で屈折率がステップ (段階) 状に変化する。SI 型マルチモード光ファイバー (SI-MMF) では、光は光ファイバー入射時の伝搬角度と同じ角度を保ったまま伝わるため、伝搬モードによってコア内を通る長さが異なり、伝搬時間に差が生じる。このため、SI-MMF にパルス光を入射すると、光ファイバー伝搬後の出力端ではパルス幅が広がっている。SI-MMF は構造が単純で安価だが、使用される用途はそれほど多くはない。

図:シングルモード光ファイバーとマルチモード光ファイバーにおける光の伝搬と屈折率分布 (a) SI-SMF、(b) SI-MMF、(c)GI-MMF

図:シングルモード光ファイバーとマルチモード光ファイバーにおける
光の伝搬と屈折率分布
(a) SI-SMF、(b) SI-MMF、(c)GI-MMF