光ファイバーは、母材製造と線引きの工程で製造される。

代表的な母材製造法は、下記の通りである。

  • MCVD法
  • OVD法
  • VAD法

一般的なMCVD法とVAD法について簡単に述べる。

MCVD

石英ガラス管にコアの部分を構成する成分のガスを送り込むと、バーナーの熱(1,600〜1,800度)でスートと呼ばれるガラス成分になり、ガラス管の内部に付着する。さらにバーナーの熱で高温となり透明のガラス層ができる。この工程では、中空がある状態である。バーナー温度を2,000度にすると、ガラス管の中空部が潰れて母材となる。

図1: MCVD法

VAD

バーナーにガラス成分のガスを燃焼させ、微粒子状態にしたものを付けて多孔質母材として成長させていく手法である。コア合成とクラッド合成それぞれのバーナーを用いる。この多孔質母材をヒーターで熱していくと、透明の母材となる。

図2: VAD法

線引き

母材を2,000度に熱した線引炉へ入れ、出てくるファイバーを保護コーティングし、キャプスタン、荷重テスト、ボビンで巻き取りという段階を経て、素線ファイバーとなる。

図3: 母材の線引き