偏光コントローラは、1/4波長板や1/2波長板といった偏光を制御できる素子で構成される。ファイバー型偏光コントローラは、光ファイバー中の楕円偏光を、任意の偏光状態に変換することができる。ファイバー型偏光コントローラは、バルク型、パドル型、インライン型と大きく3つに分けることができる。

(1)バルク型

バルク型偏光コントローラは、図1に示すように、一旦光ファイバーから光を空間に出して、バルク型の1/2波長板及び1/4波長板を用いて偏光を制御する素子である。制御性が高く、温度安定性が高いが、結合損失が発生してしまうため挿入損失が高くなってしまう特徴がある。

図1:バルク型偏光コントローラ

(2)パドル型

パドル型偏光コントローラは、図2に示すように光ファイバーをコイル状に巻くことでパドル型の波長板を作り、それぞれのパドルを回転させることで偏光を制御する素子である。光ファイバーの複屈折の量はファイバーの径、曲率、巻数、波長等に依存することを利用している。安価で低損失であるが、パドルコントローラを調整すると偏光状態が安定するまで時間がかかってしまう特徴がある。

図2:パドル型偏光コントローラ

(3)インライン型

インライン型偏光コントローラは、図3に示すように光ファイバーをノブで圧迫したり回転させたりすることで偏光を制御する素子である。光ファイバーに圧迫、回転を加えることで複屈折を誘起して偏光を制御する。コンパクトで低損失であるが、ノブで圧迫しすぎると光ファイバーが切断されてしまう危険性がある。

図3:インライン型偏光コントローラ


::Optishopの偏光コントローラ

ファイバー型偏光コントローラ」のメーカー