偏波クロストークは、高速軸または低速軸の一方の偏波モードに直線偏光を入射したとき、出射端において入射方向の偏波モードと、それと直交する漏洩した偏波モードの消光比 (強度比)ηで表される。

3.1.2

ここで、PxとPyはそれぞれX偏波とY偏波の光パワーである。複屈折が大きいほど偏波クロストークは小さく、偏波保持性に優れている。光がファイバー内を伝搬するにつれ、偏波モード間での結合が生じるため、偏波クロストークはファイバー長に関係 (理論的には比例) しており、“ dB/100m ”という単位が用いられる。一般的には-25 dB/100m 以下が求められる。

PANDAファイバーの偏波クロストークは-40 °~+80 °の温度範囲でほとんど変化しないことが知られている。また、PANDAファイバーは通常の使用状況で予想される範囲の捻れや曲げでは、偏波クロストークは劣化しないことが確認されている。