偏波モード分散(Polarization Mode Dispersion : PMD)は光ファイバー中を伝搬する光の直交する2つの偏波モード間に群遅延差が生じることである。この群遅延差は光ファイバーのコアの僅かな歪みや外部からの応力(環境的な温度変化や機械的な振動)などで生じるランダムな複屈折が原因。10Gbpsを超える光通信システムにおいては、光信号の劣化の主要な原因になる。図1は偏波モード分散の概念図である。

偏波モード分散の概念図

図1:偏波モード分散の概念図

複屈折

物質が偏光方向によって異なる屈折率を持つ現象。物質に複屈折があると偏光状態が変化する。

DGD (Differential Group Delay)

PMDにより、分離した2つの信号成分が離れた量。波長や時間によって大きく変動(PMDとは波長と時間に対するDGDの平均値)

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目