偏光ビームスプリッタ(Polarizing Beam Splitter: PBS)は、入射光をS偏光とP偏光を分離する光学素子である。平板ガラスのプレートタイプと直角プリズムを合わせたのキューブタイプがある。スプリット面に誘電体多層膜コートが施されている。

プレートタイプ

透過光が屈折のために光軸がずれてしまうが、比較的大きなサイズで作成でき、軽量、安価である。

図1: プレートタイプPBS

キューブタイプ

二つの直角プリズムを張り合わせたタイプで、片方のプリズムに電体多層膜コートが施されている。重量が大きいためにサイズの制限があったり、コスト高になってしまうが、光学系の小型化が可能になる。また、キューブタイプの特徴は、透過光と反射光に光路長が同じことが挙げられる。

図2: キューブタイプPBS


::Optishopのビームスプリッタ

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目