偏波ビームコンバイナ(偏波合成カプラ)

偏波ビームコンバイナ(Polarization Beam Combiner:PBC) は図1に示すように偏波保持ファイバーにより構成されており、直交する偏波を重ね合わせることで高出力化を達成するコンバイナである[1]。

偏波ビームコンバイナ

図1:偏波ビームコンバイナの構造

PBCには低損失、低偏波クロストーク、耐環境性が求められ、温度変化によって光学特性が大きく変化しないことが望ましい。±数nm の範囲であれば低損失なものを作りやすいが、広帯域(~±数10nm) になるほど作製が困難になる。このため使用帯域には制限がある。

偏波ビームコンバイナ」のメーカー

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目