パッチコード

最適な研磨が施され、各種コネクタが取り付けられた光ファイバーは、一般的にパッチコードと呼ばれる(コネクタが無く、ジャケットで保護されていないものを光ファイバー素線という)。コネクタの型番は、”コネクタ/研磨面”で示される場合が多い。ここで、コネクタの種類と研磨面について代表的なものを簡単にまとめる。

コネクタの種類

種類特徴SMAねじ固定型。コア径が大きいマルチモードファイバーを使う場合が主。

FC ねじ固定型。研磨面の種類が豊富。
LC RJ45プッシュオン型で脱着が容易。超小型コネクタ。
SC プッシュオン型で脱着が容易。
ST バヨネット固定型で着脱が容易。

ファイバーコネクタ

端面研磨

種類 特徴 反射損失 (dB)
垂直フラット フェルール先端を垂直に研磨されたもので、接続に整合材が必要。 16〜
PC (Physical Contact) フェルール先端が凸球面で研磨されたもの。整合剤を使わず、直接接触で接続する。 25〜
SPC (Super PC) PC研磨の後、さらに低反射研磨されたもの。 40〜
UPC (Ultra PC) PC研磨の後、さらに低反射研磨されたもの。 50〜
APC (Angled Physical Contact) フェルール先端が傾斜角8°で凸球面研磨されたもの。 60〜

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目