ここでは、ファイバーレーザーの共振器の構成を示す。
レーザー共振器の種類は大まかに「ファブリペロー共振器」と「リング共振器」の2つに大別できる。図1 はファブリペロー共振器 ( (a):空間素子含む、(b):全ファイバー型 ) 、(c) はリング共振器(全ファイバー型)の共振器の構成である。

ファブリペロー共振器とリング共振器

図1:ファブリペロー共振器とリング共振器

ファブリーペロー共振器(ファブリペロー型ファイバーレーザー)

最も一般的なレーザー共振器はファブリペロー共振器としてよく知られたものである。この共振器は2つの高反射率ミラーの間に利得媒質を置くことで実現できる。

ファイバーレーザーの場合はポンプ光(LDなど)を注入するためにWDM(波長分割多重化:wavelength-division multiplexing)カプラがよく使われる。WDMカプラを用いることで、波長の異なるポンプ光と信号光を空間を通さずにファイバー中で合波、分波することができる。ファブリペロー共振器ではミラーが少しでも傾くとファイバー損失が増えるため、ミラーを設置する代わりにファイバーの研磨した両端に直接誘電体ミラーを蒸着する方法がとられることもある。また、ミラーの代わりにファイバーブラッググレーティングを用いることで全ファイバー型ファイバーレーザーを構成することができる。

リング共振器(リング型ファイバーレーザー)

図1のリング共振器は最も基本的な構成のものである。リング型ファイバーレーザーの場合、ミラーを使わずに共振器を構成できるため全ファイバー共振器が実現可能となる。WDMカプラの2つの端子をつなぎ、希土類添加ファイバー(Doped Fiber)を含むリング共振器を作る。1方向に発振させるためファイバーアイソレータをループ内に挿入する。ドープファイバーが偏光面を保持しない普通の場合は偏光制御器が必要となる。