オプティクス用マウントは、下記の光学素子を固定や位置決めするために用いられる。光学系には必須の部品である。

これらのマウントは、単純に固定式するものと可動式がある。可動式は、移動や回転機構が付いており、マイクロメータなどの調整ネジや電動のアクチュエータで位置決めを行う。

可動式では、キネマティック式とギンバル式がある。それぞれの特徴について簡単にまとめた。

 

キネマティック式

3つの球を円錐、V字溝、平面の3点でピッチ(Y軸中心の回転)、ロール(Z軸中心の回転)、ヨー(X軸中心の回転)を調節するマウントである。V字溝と平面の球は調整ネジが付いており、この2点をそれぞれ動かし、角度を固定する。角度が変わると光学素子の中心が移動する。

 

ギンバル式

ピッチ、ロール、ヨーの中心部を光学素子の中心部と一致させる方式で、角度が変わったとしても、光学素子の中心は移動しない。

また、光学素子を保持する形状も様々にある。そのうち一部を挙げると下記の通りである。

 

V字型

円形の光学素子をV字溝に置き、上からパッドなどで固定し保持する。光学素子のサイズに自由度がある。

 

リング型

ミラーなどの円形の光学素子を保持する。


::Optishopのオプティクス用マウント

 

光響へのお問合せ