光学ファイバーは光を伝送するために使うことができ、ゆえに情報を長距離に渡って伝えることができる。ファイバーを基にしたシステムにより長距離光学データ伝送は無線伝送システムに大きく取って代わった。それらは電話のために広く使われているが、インターネットや長距離高速ローカルエリアネットワーク(LANs)、ケーブルテレビ、更には徐々に建物内のより短い距離のために使われている。プラスティック光学ファイバーが有利である非常に短い距離の用途を除いては、ほとんどの場合において、シリカファイバーが使われている。

電気ケーブルに基づくシステムと比較すると、光学ファイバー通信(光波通信)のアプローチは有利であり、最も重要な利点は次の点である。

  • データ伝送のためのファイバー容量が巨大である。単一シリカファイバーは理論的容量の僅かな一部を利用することで100,000の電話チャンネルを運ぶことができる。過去30年間において、ファイバーリンクの伝送容量に関係する進歩は例えばコンピューターの処理速度やストレージ容量における進歩よりも著しく速くなっている。
  • ファイバー内での光伝搬に関する損失は驚くほどに小さい。現代の単一モードシリカファイバーに対して約2 dB/kmだから数十kmが信号を増幅することなくブリッジできる。
  • もしとてつもなく大きな伝送距離が求められている場合、単一ファイバー増幅器において大量のチャンネルを増幅することが可能である。
  • 大きな伝送速度を達成できるゆえに、単位伝送ビットあたりの費用は極端に少ない。
  • 電気ケーブルと比較して、ファイバー光ケーブルは非常に軽量である。
  • ファイバー光学ケーブルはグランドループや電磁干渉(EMI)のような電気ケーブルで起きる問題の影響を受けない。そのような問題は、例えば、産業環境におけるデータリンクにとって重要である。

非常に高いデータ伝送容量のために、ファイバー光伝送システムは、もし高いデータ転送レートが必要なら、同軸銅ケーブルを元にしたシステムよりもはるかに低いコストを達成できる。低いデータ転送レートに関しては、全伝送容量は利用されず、ファイバー光学システムは経済的利点が少なかったり、より高くつくかもしれない(ファイバーのためではなく、付加的なトランシーバーのために)。しかしながら、「最後の1マイル」(家やオフィスへの接続)に関していまだに広範囲で銅ケーブルが使用される主な理由は単純に、新たな掘削作業が付加的なケーブルを敷設する必要である一方で、銅ケーブルは既に展開されているからである。

ファイバー通信は大都市圏(メトロファイバーリンク)の広範囲にわたって既に使われており、ホームへのファイバー(FTTH)でさえ更に広がる。日本の一部では、プライベートインターネットユーザーは既に100Mbit/sのデータ速度をもつ手ごろなインターネット接続を獲得できる。現在のADSLシステムのパフォーマンス上の利点は、電気電話線を使用する点である。他の国では、建物へのファイバーケーブルの敷設のコストを避けるために、しばしば存在する銅ケーブルからより高い伝送容量を絞りだそうとしている、例えばベクタリングを用いて。しかしながら、これは一時的な解決策として見られるが、帯域幅要求の更なる増大を満足させるものではない。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目