光ファイバーのコアとクラッドの屈折率をそれぞれn1、n2 とし、光の伝搬角をθ とすると、モードの伝搬定数β は

normalized propagation constant

と表される。ここでk0 = 2π/λ は真空中の平面波の伝搬定数である。θ < π/2、θ < θcを考慮すると、β が取り得る値の範囲は

規格化伝搬定数 beta

となる。この式は導波モードの伝搬定数がコアとクラッド中の波数の間にあることを示している。つまり、導波モードの光の電磁界は、ほぼコア内に閉じ込められて伝搬するが、一部の光はクラッド層にしみ出すため、伝搬定数もコア内とクラッド内を伝搬する平面によって伝搬定数の中間値をとると考えられる。

そこで、この伝搬定数を規格化したパラメータとして、規格化伝搬定数b が下式で定義される。

規格化伝搬定数b

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目