非線形屈折とは 3 次の感受率 χ3 が存在することから生じる屈折率の強度依存性のことであり、光カー効果とも呼ばれる。光カー効果による屈折率の時間変化 n(t) は下式のように光強度 |E|2に比例して変化する。

2.5.2

ここで、n0 は媒質の線形 (小信号) 屈折率、n2 は非線形屈折率係数と呼ばれる定数で、石英系光ファイバーでは n2 = 3.18 × 10−20m2/W という値を持つ。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目